メディカルドクター求人サイト特集

メディカルドクター求人TOP >> メディカルドクターのFAQ >> メディカルドクターのやりがいは?

メディカルドクターのやりがいは?

メディカルドクターのやりがいは、各専門分野によっても違いますが、臨床研究や統計などを取ったりする研究、学術的な要素が強い仕事では、その専門的なスキルが活かせて、地味ですが着実に成果を出す事に、また医薬品の新しい可能性や新薬開発のプロセスに携わることができ、非常に先進的で、また将来性がある部分が魅力、やりがいかもしれません。

また、一つのプロジェクトを任されるプロジェクトマネージャー的な仕事をしているメディカルドクターならば、色々な人と密接にコミュニケーションをとりながら、一つのものを作り上げていくことが、大きなストレスでもあるかもしれませんが、それがまた仕事の喜び、またやりがいにも繋がっているのでしょう。

研究的な仕事でも、多くの人が携わっている現場ではコミュニケーションが重要ですが、もし営業系、マーケティング系の仕事をしているメディカルドクターであれば、より幅広い人脈をもっているとか、積極的に他の臨床現場や分野の仕事仲間とかかわることができるドクターはその交流によって、学ぶ事や新しい発見が必ずあります。それが一つの職業上のやりがいともなるでしょう。

臨床の場で患者に接することは少なくなるものの、その分、研究分野や製薬会社、そして医師同士、メディカルドクターなどの、ある意味その業界に通じている人、専門家同士のやり取りが多くなるかもしれません。間接的に医療現場や医療の未来に携わっていることは間違いないので、新しい医薬品や治療法を通して、患者のQOLや医学の未来にかかわれることがメディカルドクターの素晴らしい点だと思います。

海外ではすでに臨床医師、またそれ以上の立場や年収を約束されているメディカルドクターですが、日本ではまだまだ十分な数のメディカルドクターが確保されているとは言い難いのが現状です。外資系だけではなく、国内メーカーのなかでもメディカルドクターを設置する製薬会社が多くなるなかで、責任もあり、忙しいですがやりがい、そして満足度も高いといわれるメディカルドクター志望の医師はどんどん増えてくるかもしれません。

臨床現場で働く医師とメディカルドクターの仕事内容は違いますが、共通していることに、患者さんや医学の未来のために貢献するということがあります。その点では、環境は違うものの、同じ目的や未来に向かって研鑽、努力を続けて行く面では同じです。大学院の研究室ですでに治験業務に携わったことがある医師、またはすでに十分臨床経験がある医師は、メディカルドクターと臨床医師の違いを肌で感じることがあるかもしれません。

自分の適性や、興味の方向性にあわせて、また専門性をどこに活かして行くかを良く考えて、キャリアチェンジやキャリアプランニングをしましょう。仕事をただの生活の糧と考えるよりは、自分が興味や楽しみをもって取り組めることのほうがより大事ですし、仕事への満足感も高まるのではないでしょうか。

メディカルドクター求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>メディカルドクター求人ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 メディカルドクター求人サイト特集 All Rights Reserved.