メディカルドクター求人サイト特集

メディカルドクター求人TOP >> メディカルドクターのFAQ >> メディカルドクターの定年は?

メディカルドクターの定年は?

メディカルドクターの転職については、年齢も職歴も中堅クラスの人が有望だという話もあります。職歴も多すぎず少なすぎず、その企業の求めるスキルや経験を兼ね備えている人が優先されるので、口コミや縁故、また求人サイトを利用しても非公開案件などで、最小限の情報しか公開しないなかで求人をかけられることが多いといいます。

メディカルドクターの転職の際には、プロジェクトチームを組むことになったり、入職後の配属は、経験や年齢などを考慮されることがあります。転職の際にとくに年齢制限などはありませんが、バランスのとれた年齢構成となったり、マネージャー、つまり課長や部長など管理職の場合は、当然まとめるべき部下がつきますので、その点は既にメディカルドクターとしてプロジェクトを統括したり、部下をもった経験のある方が求められる傾向にあります。

メディカルドクターの定年については、それぞれの企業の規定によって決まりますが、いままでの職歴や経験を活かして、一般にいわれる定年の年齢になってもそのまま同じ職場で働いたり、新しい職場で経験者や管理職としての実績を買われて大活躍されているシニアの方も目立っています。

シニアの方、定年退職する年齢になっても専門知識や世界をフィールドに仕事をした経験がある方は、引き続き仕事のオファーがありますし、研究機関にそのまま勤める、また自分で会社を立ち上げる方などもいらっしゃいます。

メディカルドクターの求人としては、外資系企業の人材募集が多いことから、とくに年齢制限をして募集をかけている訳ではありません。求めているポストの経験者、十分な実績があれば、前職よりもずっと好待遇で迎えられる事も多いと思います。

長く培ってきた専門スキルを活用して、オンコロジー、循環器、内分泌、中枢系などの専門家として、大いにその臨床経験、そして研究の実績を定年後のセカンドライフに活かしていただきたいと思います。定年退職してからも、平均寿命が長くなる傾向にある現代において、ぜひ定年後のやりがいや仕事を考えておいたほうがよさそうです。

せっかくの経験や能力を、定年だからといって、活用しなくなるのはもったいないですね。定年後は、自分のペースでできる仕事をパートタイムレベルで続ける方もいらっしゃいますが、むしろ社会とのつながりをしっかりもっていたり、現役レベルで働き続ける方のほうが、若々しく、人生の充実度も高い傾向があります。経験豊富なメディカルドクターを必要としている職場、専門知識を活かしてほしい職場はMD自身が考えているよりもずっと多く、年齢を重ねても、可能性は無限大に広がっているものです。

メディカルドクター求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>メディカルドクター求人ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 メディカルドクター求人サイト特集 All Rights Reserved.