メディカルドクター求人サイト特集

メディカルドクター求人TOP >> メディカルドクターのFAQ >> メディカルドクターに必要な資格は?

メディカルドクターに必要な資格は?

メディカルドクターは、医師免許をもち、すでに臨床経験が5年ほどある中堅の医師の皆さんなら、転職の可能性がある職種です。あえて可能性があるといったのは、メディカルドクターも、各専門分野をもつスペシャリストであり、それぞれが製薬会社や雇用主が必要とするスキルを備えていないといけないからです。漠然と、臨床経験があるから、ではなくて、どの分野に優れているか、またそのポストに必要な能力を備えているかが最大の資格となります。

新薬開発のなかでも、臨床開発部門、安全性評価部門、マーケティング部門など、専門性が異なるなかで、それぞれの部門で必要な資格、スキルは違います。医師の臨床経験と医薬品の知識、コミュニケーション能力や専門分野に関する能力、例えば統計を取る仕事は統計学などの知識やプロジェクトマネージメントスキル、必要とされる膨大な数字や資料を統計的にまとめたり、完璧に資料を作成するスキルなどが必要です。医学博士をもっていると、より優遇されることもあります。

あえていえば、メディカルドクターになる資格は、その製薬会社や医療機関によって必要とされる能力が違うともいえ、海外ではかなり一般的になりつつあるメディカルドクターではありますが、日本ではまだまだ需要と供給のバランスが整っていないのが現状です。

採用側としては、メディカルドクターを探しているときに、まず一番採用する確率が高いのは、以前同じ仕事、部門、業界などで働いていた経験者です。なにか特別な資格をもっているよりも、実務経験がなによりも大事なのです。また、書類審査自体をクリアしたとしても面接は複数回行われ、その業務を遂行するため、またはプロジェクトマネージャーとしての適性があるかどうかなど、かなり厳しい審査があるといわれます。

外資系製薬会社なら、本国にある本社との密なコミュニケーションや、日本で医療業界、薬剤の承認手続き、厚生労働省との折衝など、一つのことだけではなく、多角的に活動しなければなりません。一つの世界、研究だけに没頭出来るメディカルドクターはすでに稀な存在だと思います。

臨床医とは、また違ったスキルや才能が必要とされます。臨床医としては非常に良い先生でも、メディカルドクターとなると、グループをまとめ、またビジネス的ものの見方が大事になってきますので、仕事としては180度性格が違うものと考えてよさそうです。

メディカルドクターは、資格というより、毎日の仕事によって一つ一つ専門知識や臨床経験を身につけ、その経験値を製薬会社や医療機関にかわれて転職する、という形が最も多いようです。グローバルな視野をもっていて、海外医療機関などに研修、就業経験がある人なら、より適性があるかもしれません。

メディカルドクター求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>メディカルドクター求人ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 メディカルドクター求人サイト特集 All Rights Reserved.