メディカルドクター求人サイト特集

メディカルドクター求人TOP >> メディカルドクターのFAQ >> 海外勤務を希望する場合は?

海外勤務を希望する場合は?

元々メディカルドクター自体が、外資系製薬会社で多く採用されているポストなので、日本法人や国内製薬会社でも、海外出張や、海外赴任する機会は当然ながら多いことでしょう。新薬の発売やシンポジウム、また学会など医療や医学系の集まりにはこまめに顔を出したり、またいまのトレンドを掴んだり、最先端の情報を国際間でやりとりしたりしなければなりません。現在では医療機器、そして製薬会社自体も国内向けのみに製品を開発、販売することは少なく、全世界に向けての販売が普通です。新薬プロジェクトの世界同時進行や、日本での厚生労働省への認可など、日本でメディカルドクターをわざわざ採用するには、そこには当然、彼らの専門知識や臨床経験プラス人脈や語学力などが当然期待されている訳です。

どちらかといえば、いまは海外の医療機関、研修機関などに研修や就業の機会をもとめて経験を積もうとする若い日本人医師も多くなっていますし、それを受け入れる、また、奨学金を出すNPO団体もありますので、海外経験を積みたい医師の皆さんにとって、海外への扉は開かれています。ただ、その研修が、医療機関で臨床経験を積むか、または研究機関でメディカルドクターなどの指導を受けて専門分野の研究に望むかで進路はまた違ってくるでしょう。

海外で勤務するとなると、圧倒的に外資系製薬会社の本社に配属になるより、日本の製薬会社の海外支部、駐在員としての赴任が多いです。外資系製薬会社では日本において、英語が話せる、専門分野に長けた日本人のメディカルドクターは価値がありますが、海外では一般に日本人医師のスキルを特別必要とする企業、日本の製薬会社が特許をもつ薬剤は少ないので、日本の製薬会社のほうが製品売り込みや実地調査、統計、また現地で治験を行って、現地機関で新薬販売の認可を得るなどの目的のほうが一般的だからです。

学生のころから海外に住み、海外ですでにMDの資格を持っているのなら、現地の医師と同じくらいのキャリアを築くことができますが、そこまでには学費も、時間も相当費やす覚悟が必要となります。ただし、狭き門ですが、それを実現している医師の先生もおりますので、海外でメディカルドクターとして活躍する可能性もないとはいえません。

ただ、漠然と海外で勤務するメディカルドクターを希望するとなると、とレイニーとして海外の教育機関や研究機関で一定の間研修を行うとか、また日本企業で海外支店をもつ製薬会社で、医学博士や臨床経験、海外での研修経験を活用して転職するというのもあります。

海外でメディカルドクターになって海外でそのまま働く道のりよりは、日本の製薬会社でメディカルドクターとして雇われ、そのまま海外赴任という形のほうが、海外勤務の夢を叶えるのはやさしいでしょう。

もちろん、最近は世界レベルで大手製薬会社の合併があいついでいますので、日本の製薬会社に勤めていても、突然海外出張や出向を命じられることがあるかもしれませんので、あらかじめ必要な準備はしておくといいでしょう。

メディカルドクター求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>メディカルドクター求人ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 メディカルドクター求人サイト特集 All Rights Reserved.