メディカルドクター求人サイト特集

メディカルドクター求人TOP >> 人気の企業 >> ファイザー

ファイザーのメディカルドクター求人

世界売上1位のアメリカの製薬会社といえばファイザーです。外資系製薬会社として最も認知度が高く、アメリカ合衆国ニューヨークに拠点を置きます。また多くの特許を抱える巨大企業として成長を続けています。とくに、有力な新薬、特許をもつ企業に対してその企業ごと買収するするスタイルは、「ファイザーモデル」ともいわれており、今日の世界的な製薬会社の合併、M&Aのブームの火付け役にもなっています。

研究開発については、年間9000億ドル規模で投資が行われていますが、その結果は芳しくなく、特許の取得や有望な新薬開発が期待される製薬会社との買収はまだまだ続くかもしれません。2007年頃より、近い将来の稼ぎ頭の製品の特許切れも懸念されるようになり、新たな経営方針の模索が始まり、世界規模での人員削減が行われていた時期もあります。

日本でもファイザー製薬の日本法人があり、1953年に田辺製薬との合弁によってファイザー田邊となり、そのあと、厚生省からの指導や業務再編、リストラ、米ファイザー製薬の完全子会社化など、様々な経緯をもち現在に至っています。

転職サイトなどでメディカルドクターを採用している企業のなかに、ファイザー製薬の日本法人の案件が含まれている可能性もありますが、殆どは非公開求人の案件になっており、明白にファイザーの募集だと分かるまでには、自分が書類選考を突破し、その企業に面接に行くおりでないと、分からないことも多いものですが、だいたい企業の所在地、最寄り駅でどこであるかは見当がつきます。ファイザーに直接応募することもできますが、色々な面であなたの転職を仲介、サポートしてくれる転職エージェント利用もいいでしょう。利用料は無料ですし、利用者のデメリットになるようなことはまずないからです。

ファイザーは業界のトップブランドとして、またグローバル企業として、幅広い経験を積むことができますし、研究員、メディカルドクターなども多く在籍しますが、とかく外資系企業のこと、突然のリストラや研究所の閉鎖なども前例があり、年功序列や終身雇用を希望する人には向かない職場かもしれません。

ただし、外資系企業であり、また多くの特許やいままで吸収合併してきた企業、医薬品のブランド力など、これからも製薬会社として世界有数の規模を誇ることは確かですし、その上、年収などもいいですし、大手外資系製薬会社のメディカルドクターとしてのキャリアは、必ず将来にもよい影響をもたらすので、おすすめです。

転職サイトのキャリアコンサルタントなどに相談して、メディカルドクターや、転職する際のコツ、また医療系機関誌などを頻繁に読み、転職市場の傾向、情報をしっかり押さえてみてください。

メディカルドクター求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>メディカルドクター求人ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 メディカルドクター求人サイト特集 All Rights Reserved.