メディカルドクター求人サイト特集

メディカルドクター求人TOP >> 人気の企業 >> 第一三共

第一三共のメディカルドクター求人

第一三共も、2005年に、第一製薬と三共が合併した新しい会社で、国内業界3位の売上高を持つ企業となっていますが、世界的規模でみればまだ19位、日本最大の武田薬品でも世界で14位ですから、製薬業界の再編はまだまだ続くことが予想されます。

第一三共も、様々なグループ企業をもっています。医薬品の製造販売だけではなくて、化粧品や食品なども多く手がけ、物流会社なども子会社にもっています。その上、アメリカやヨーロッパにも現地法人があるので、海外への販路もあります。これからの事業戦略をどうするかが注目の集まる企業です。

転職前は、具体的に職種が決まっていても、また希望する年収や待遇などを考えていても、具体的な企業名までは考えていないことが殆どだと思います。その上でタイミングよく、あなたの希望する職種や待遇で仕事が見つかる、そして面接まで行けるのも一つの縁だと思います。

その縁やチャンスを活かすことができるのも、その人のスキルであり、経験であり、培ってきた知識でもあります。まずはメディカルドクターの仕事自体が多くないなかで、また数少ない限られた情報源のなかで、あなたにその案件が回ってきたということもタイミングが良かったと言うべきでしょう。

業界に長くいらっしゃる人なら、他社との比較や噂に敏感で、A社は研究機関が素晴らしいとか、B社の平均年収はどこよりも高いという噂を聞いて、その具体名があがった企業に勤めたいと思うのは普通のことです。しかしながら、必ずしもあなたの求める条件と企業側が求めている人材が合うとも限りません。将来ビジョンが合っていなかったり、スキルが高すぎるとか、専門が微妙に違うなど、その職場にマッチしない場合もあります。

また、自分で面接に行ってみて、想像していた雰囲気と違う場合もありますから、何化と面接や転職では「隣の芝生は青く見える」状態に成りやすいものです。

そのため、企業が、あなたの職務経歴書や面接であなたのスキルや人柄をみるのと同時にあなたも客観的な目、冷静な目で企業の文化や雰囲気があなたにあっているかどうかをきちんと見抜かなければなりません。国内企業、外資系企業でもそれは同じだと思います。今は、有名だから、大手上場企業だからといって、安泰ではありません。一人一人が確実に企業に貢献し、業績を伸ばしていく、積極的な姿勢が求められていますし、リーダーシップをとれる人材もとても必要とされていることを覚えておきましょう。スキルや知識、経験を頼りに、転職サイトなどであなたの適職を探してみましょう。

メディカルドクター求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>メディカルドクター求人ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 メディカルドクター求人サイト特集 All Rights Reserved.