メディカルドクター求人サイト特集

メディカルドクター求人TOP >> 人気の企業 >> アステラス製薬

アステラス製薬のメディカルドクター求人

アステラス製薬は、山之内製薬と藤沢薬品工業が合併してできた製薬会社で、2005年に発足しました。日本の製薬会社も世界的な製薬会社のM&A、再編成の波に飲み込まれ、多くの企業がこの時期合併しましたが、この会社もその一つの例でしょう。日本では、このアステラス製薬の他に、武田薬品工業と第一三共、そして大塚ホールディングス、エーザイなどが日本の製薬会社大手5社として業界全体を引っ張っています。

また、海外製薬会社との業務提携も積極的に行っており、2013年には、世界最大の独立バイオテクノロジー会社のアムジェン社と業務提携を行っています。日本の中堅製薬会社が合併した例として、また重点地域や主力医薬品が重複しない理想的な合併として、多くのメディアで取り上げられてきました。

しかしながら、いまは日本だけの市場を見据えている訳にもいかず、すでに各社ともアメリカやヨーロッパに販路を広げていたので、合併によってお互いの強みを活かして業務の再編成を進め、ある程度の成功をもたらしているといえます。

すでに外資系企業との業務提携もしていますし、企業同士の合併を経験していることから、新しく転職して入職するには、比較的入っていきやすいところもあると思います。

主力医薬品の特許が切れてしまう「2010年問題」もアステラスは無縁ではありませんので、さらなる再々編を予測されたり、また世界的な製薬会社同士のM&Aが加速化するとの予想があります。世界規模のファイザーなどに比べると、日本の製薬会社はまだまだ規模が小さいので、逆に買収される可能性もあり、これからの動向に注意しなければいけません。

また、世界的な買収が当たり前に起こっていくなかで、外資系企業との業務提携なども増えていますから、日本企業としてもメディカルドクターなどの専門職を雇い、企業の信頼度などを増して行く傾向にあると思います。日本的経営は薄れ、これからは実質的に海外と同じような役職やプロジェクトの進めた方が増えてくると予想されます。

もちろんその流れは製薬会社だけではなくて、医療業界全体の流れで、医療スタッフの不足から外国人の医療スタッフを雇うというプランから、現場で日本語以外の言語でコミュニケーションしたり、全世界で同時にコンファレンスをしたりすることが求められているかもしれません。転職サイトでもいまは英語はかなりの企業で重要となっていますし、メディカルドクターでも英語が仕事で完璧に使えることが、プロジェクトマネージャーの条件だったりします。スキルの面では、外資系や国内系製薬会社で必要とされるレベルは同じです。むしろ日系企業だからこそ、これから市場を広げるために英語が大事かもしれません。

メディカルドクター求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>メディカルドクター求人ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 メディカルドクター求人サイト特集 All Rights Reserved.