メディカルドクター求人サイト特集

メディカルドクター求人TOP >> メディカルドクターの基礎知識 >> メディカルドクターの仕事内容

メディカルドクターの仕事内容

メディカルドクターの仕事は、主に新薬の研究や開発などに携わる仕事です。医薬品の開発、実験、治験等、新薬の販売のまでのプロジェクトにはありとあらゆる分野でのプロフェッショナルが現場にかかわっています。その中でも医師は、臨床経験があり、尚かつ医学的な専門知識がある故に医薬品の開発に携わることにより、その医薬品の臨床利用に対しての信頼性や具体性が増すと考えられるので、製薬会社としては必要な人材です。

製薬会社のM&Aや、新薬の開発での世界同時進行が普通になっている製薬業界の新しい局面のなかで、欧米型のシステム、つまりMDが新薬会社のプロジェクトマネージャー、リーダーに抜擢されることが多くなりました。つまりMDが医薬品の開発者になり、実験や治験の実施プロトコルをまとめ、裏付け作業、そしてそこから得た統計データやプロジェクトの統括をするのは海外では普通に行われていて、MDの製薬会社での立場はかなり強いといいます。

医薬品の開発責任者の大半は医師免許を持っていることが普通で、臨床医師以外のもう一つの進路として当然のように検討されるMDは、日本ではまだその存在や認知度はいまいちですが、外資系企業の日本法人では、開発リーダーやメディカルアドバイザーとして、医師の専門知識と臨床経験を活用して現場で活躍できるようです。

メディカルドクターとしては、臨床開発の試験計画の立案、実施、評価、データ検証、認可に必要な書類作成などの臨床開発部門勤務ができます。プロトコル、同意書、試験結果の論文作成など、医師としての臨床経験を活かし、学術的な世界でも十分成果を上げ、やりがいを感じることができます。

次に新薬を市場に投入したあとの、患者や現場からの副作用や有害事象等のデータ解析があります。それによって市場の声を知ることができ、新薬の改善に活かすことができます。市販後安全性評価部門という仕事もメディカルドクターの仕事です。

また、臨床現場で、新薬の利用を促進したり、また有効に活用されているかどうか調査するのがメディカルマーケティング部門ですが、この分野で活躍するメディカルドクターもいます。医薬情報担当が扱う、学術論文やパンフレットなどの整合性や事実関係に基づいた正しい表記がなされているかのチェックを行います。また医師同士の情報交換や学会での発表などでトレンドを敏感にキャッチします。マーケティングやプレゼンに長けている医師にも適性があるでしょう。

このように、メディカルドクターに求められるスキルは、各部門によって違い、求められるスキルも多様化しているのが特徴です。それだけ製薬会社が多くの人材、そして幅広い分野の専門家、メディカルドクターを必要としていると言えるのかもしれません。

メディカルドクター求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>メディカルドクター求人ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 メディカルドクター求人サイト特集 All Rights Reserved.