メディカルドクター求人サイト特集

メディカルドクター求人TOP >> メディカルドクターの基礎知識 >> メディカルドクターの年収

メディカルドクターの年収

これからどんどんその注目度も、必要性も高まっていくと思われるメディカルドクターですが、MDを目指している医師の先生にとって、年収がどれくらいになるのかは最も気になる点ではないでしょうか。

すでに一つの専門職、医師の臨床以外のもう一つの進路となるくらいに需要、供給とも多い欧米のMD市場と違い、日本ではまずは臨床医として働いていた人が、メディカルドクターになることが多いのです。その経験を買い、MDを募集しているのが外資系製薬会社が多い点を考慮すると、やはりMDの年収1500万円以上にはなるでしょう。多ければ2000万円近くになることもあるようです。

海外などでは製薬会社やその所属先によっても、またはプロジェクトマネージャーになったりすれば、その倍くらいの年収になることもあるということです。アメリカの一般の医師の平均年収は、30万から40万ドル、日本円にして約3000万から4000万とされていますので、大手製薬会社のプロジェクトマネージャーなどになったら、それと同等か、それ以上かもしれません。

ただし、これは医学部の学費も高いアメリカでの話で、あくまでも日本でMDになる分には、比較的費用対効果は良いでしょう。その上、臨床現場で働くときには避けられない当直やオンコールや、休日勤務などからも開放され、非常に時間的拘束が少なくなる点もMDの良いところでしょう。

臨床現場で働くことばかりが医師ではなく、これからは各自専門分野、そして医療や医薬品自体の将来性や未来に対して貢献する仕事に携わることも大事でしょう。また、国際間での同時プロジェクト進行や、海外とのやりとりも普通に行われているので、留学経験があり、海外のことを良く知り、日本との橋渡し役などをつとめてくれるなら、企業にとっては魅力的な人材にも成り得ます。

将来性もある仕事なだけに、自分の価値を良く知り、メディカルドクターになるときには、きちんと待遇や年収の交渉なども行いましょう。せっかくスキルがあり貴重な人材なのに、交渉が苦手なためにせっかくの年収アップのチャンスを逃してしまっては残念です。

そんな方のために、医師の転職エージェントでは、面接のアドバイスから、年収等、待遇の点まで製薬会社や就業予定先で交渉業務を代行します。交渉不得手や話し下手と自覚している先生は、専門家に任せることで、最大の年収を引き出すことができるかもしれません。もちろん年収だけではなく、職場環境、内部事情などもできる限り事前確認しますので、医師専門の転職エージェント利用で、メリットになることはかなり多いのです。利用は無料ですので、気軽にご利用ください。

メディカルドクター求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>メディカルドクター求人ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 メディカルドクター求人サイト特集 All Rights Reserved.