メディカルドクター求人サイト特集

メディカルドクター求人TOP >> メディカルドクターの基礎知識 >> メリットとデメリット

メディカルドクターのメリットとデメリット

メディカルドクターは、まずそれぞれの専門分野に分かれて、専門性を発揮して活躍できる他、企業に勤めるので、就業時間や休日などがしっかりと決められている点です。医療の臨床現場に直接携わることはないけれども、医薬品の開発や実験、治験、認可などにかかわることによって、医療現場を間接的にバックアップし、未来の医療や患者さんのために貢献しているのは確かです。新しい治療の選択肢を患者さんに与えることができるという、大切な仕事ももちろん担っているのです。

その上、患者さんとの問診や外科的手術よりも研究や、データ解析、統計など、学術的分野のほうに向いている先生がいるのも事実でしょうし、新薬の開発など新しい分野で才能を発揮するタイプの先生もいらっしゃるでしょう。なかには新薬の営業やマーケティングにその広い人脈を活かせる先生も当然、存在します。それぞれの適性を適所適材に活かせるという点、世界的に新しい研究やプロジェクトを進める事が出来る点では、当然将来性もあります。収入も、臨床医をしていたときよりもずっとアップしたというメディカルドクターもいますので、待遇や年収の面で満足のいく結果になることが多いようです。

ただし、メディカルドクターは、臨床現場とは間接的に繋がっているとはいっても、やはり現場でのリアルな臨床経験とは無縁となります。もともとメディカルドクターとして採用されるのは、ある程度の臨床経験がある、だいたい5年以上の経験のある医師が多いといわれますが、採用の時点で適性がある人とそうでない人、可能性がある人とそうでない人が明白に分かれる職種ともいいます。

外資系企業の採用がまだまだ多いこと、外資系企業とのM&A、合同プロジェクトが増えていますので、英語の使用や海外での留学経験がある人、それぞれの専門分野が、企業で必要とされるスキルとマッチしていることなど、採用の際にはかなり細かいチェックがされるようです。

そんなこともあって、まだ狭き門であるメディカルドクターでもあり、転職に成功する人ばかりではありません。臨床現場での仕事に限界を感じていても、必ずしもメディカルドクターになれる訳ではありません。

メディカルドクターである間は、当然臨床の現場から離れることになり、他の専門への転科や研修などを考えている人にとっては、貴重な臨床経験の時間が十分なくなり、医師としての経験の場所と時間、機会を失うことになります。

メディカルドクターになるときには、きちんとメリット、デメリットなどを計算して、それぞれの転職を決めるといいでしょう。ただなんとなくで転職できるほど甘くはなさそうです。

メディカルドクター求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>メディカルドクター求人ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 メディカルドクター求人サイト特集 All Rights Reserved.