メディカルドクター求人サイト特集

メディカルドクター求人TOP >> メディカルドクターの基礎知識 >> メディカルドクターになるには

メディカルドクターになるには

欧米が、すでに自社内でメディカルドクターを雇って、様々な開発や研究をしてきた事に対して、日本では、医師や外部の研究機関と協力して、共同研究として医薬品の研究や安全対策などをしてきたという違いがあります。しかし、最近では外資系製薬会社が日本に多く参入、または製薬会社間のM&&Aなどが頻発し、欧米と同じようなスタイルで、日本でもメディカルドクターを積極的に採用する製薬会社が増えています。

国別に薬品などを認可、管轄する機関が異なる為、ある国ではすでに一般に使用されている薬が、また別の国では使用ができないなど、ドラッグ・ラグが問題視されるようになりました。でもいまグローバルになっている製薬会社では、複数の地域で同時で臨床試験や治験などが行われるようになっています。国際共同治療の始まりによって、日本でも改革を迫られています。

医学的な側面から製品の価値向上をはかるには、医師の目線をもつメディカルドクターの存在は欠かせないものです。医学知識も豊富の上、臨床医、または治験の現場やデータ解析などの専門知識に長けているので、製薬会社での研究機関にはメディカルドクターが必ず存在します。

アメリカのFDAや、日本の厚生労働省にしても、製薬会社の活動にMDが関与することで、薬の研究や、適性使用、安全の推進など、企業の商品に対する信用性や実験の透明性が増すことを歓迎するので、製薬会社にとっては、なくてはならない人材になりつつあります。

もともと研究機関にお勤めのMDや、すでに治験や医学関係の統計学などに通じているMD、また臨床経験などのあるMDは経験者として採用されやすいです。臨床経験もあり、すでに海外留学などをしたMDが増えているということです。それは、海外でのMDの立場が非常に高いことを肌で感じ、将来性や年収などの魅力がある事を知ったからかもしれません。

新卒や若い先生のMDはまだまだ少なく、すでに臨床や研究機関での一定の成果を挙げている医師の先生が多いというMDです。大学教授などを製薬会社が招く例などもあるようで、若い医師にとってはMDへの転職は簡単ではありません。臨床経験は少なくても5年は必要でしょう。

ただ、メディカルドクターは現状、かなり必要とされているのに、十分な人材が確保できていない状態が続いているので、海外留学、また臨床経験を積んである程度、企業の募集要項に叶うようになったら、MDにチャレンジしてもいいと思います。仕事も細分化されているので、必ずしも立派なキャリアをもつ先生ばかりが採用されるとはいえないからです。メディカルドクターになるには、医師専門の転職サイトを利用するのも良い方法でしょう。

メディカルドクター求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>メディカルドクター求人ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 メディカルドクター求人サイト特集 All Rights Reserved.