メディカルドクター求人サイト特集

メディカルドクター求人TOP >> メディカルドクターの基礎知識 >> 外資系製薬会社

外資系製薬会社のメディカルドクター

外資系製薬会社は既にシステムとしてメディカルドクターを社内に置くことが当然となっているので、もちろん日本法人にも必要な訳です。本国と同時にプロジェクトを行ったり、承認プロセスが違う中で、その交渉や折衝を行ったりする人材が必須ですので、外資系製薬会社の方が確実に一定数のメディカルドクターを必要としています。

日本ではいままでメディカルドクターという仕事を製薬会社内に置いていなかったので、多少文化的に慣れていない部分もあるようですが、これから国際的な競争力を増すなかで、メディカルドクターの存在は重要となっています。

プロジェクトマネージャーや、メディカルアドバイザーとしての役割だけではなく、臨床開発部門、市販後安全性評価部門、マーケティング部門など、それぞれの分野で医学的、そして臨床経験や知識が必要とされているのが分かります。

海外では製薬会社でのMDの発言権、そして影響力は強く、立場や社会的地位、年収などもかなり高くなるといいますが、日本ではまだその組織の違いや文化の違いもあって、まだまだこれからの分野です。しかし日に日に需要は高まっているので、これからは日本でもメディカルドクターの争奪戦が起こるかもしれません。

特に海外留学の経験もあり、英語が堪能で、すでにメディカルドクターの経験がある、臨床経験がある医師は非常に採用の可能性が高いですが、新しいプロジェクトで人材が足らないときなど、経験値が少なくても採用する可能性がないとはいえませんので、まだ経験が浅いと思われる医師、またメディカルドクターの経験がない医師もチャレンジしてみる価値があります。

外資系製薬会社も当然、転職エージェントの非公開案件などで求人をかけている事が多いので、こまめに求人サイトを閲覧するか、転職エージェントにメディカルドクターへの転職希望と伝えておき、紹介を待ってもいいでしょう。効果的に医師の転職エージェントを利用するのが鍵です。登録は無料でできますし、転職エージェントなどが役にたつアドバイスをしてくれます。転職情報なども気軽に入手できます。

グローバルなビジネスの場になるので、日本にいながらも企業カルチャーは外資系ですし、成果主義になるので、実際に求められるハードルは高くなりますが、それによって期待以上の年収を手にしたり、やりがいを感じたりして、転職に満足している元臨床医やメディカルドクターも多いということです。外資系製薬会社の場合、日本法人を持っている場合、大企業で安定した基盤や資金力がありますから、安心して自分の仕事に没頭できる点もいいでしょう。

メディカルドクター求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>メディカルドクター求人ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 メディカルドクター求人サイト特集 All Rights Reserved.