メディカルドクター求人サイト特集

メディカルドクター求人TOP >> メディカルドクターの基礎知識 >> 治験業務

治験業務のメディカルドクター

製薬会社に勤める医療関係者というと、治験業務に関係する仕事かと察する人が多いかもしれません。看護師でも治験のコーディネータ業務、CRC等への転職が増えている最近では、医療資格を企業で活かす仕事が注目される傾向にあるようです。

新薬の認可には、多くの実験、そして人間に対する治験が必要で、十分信頼できるデータ、効果があったという裏付けが大事です。新薬の開発プロセスのなかで、求められるスキルも様々あるのですが、すでに臨床経験があり、情報収集や現場のスタッフとのスムーズなコミュニケーション、データ収集、必要となる統計、資料の作成などができるメディカルドクターは、治験業務でもその専門性を発揮して、多くの製薬会社で必要とされるでしょう。

すでに治験業務に携わったことがあるメディカルドクターならもちろん転職先も豊富です。ただ、治験業務といっても幅広く、専門分野毎に細分化されているところがありますので、それぞれの専門性を活かして転職する場合には前職など経歴を考慮して、判断されます。

研究畑の人だけではなく、治験業務は医療施設でおこなわれるので、現場との密接なコミュニケーションも大切になってきます。マーケティングや交渉、折衝術なども大事なので、コミュニケーションが得意なメディカルドクターなら未経験でも治験に関係する業務に携わることができるでしょう。

治験業務に関するメディカルドクターの採用は、製薬会社で直接募集をかけていることもあるのですが、実際には医師専門の転職エージェントを利用して、仕事を探すことが多そうです。転職サイトでは、転職エージェントに仲介してもらう案件や、自分で直接応募する案件なども揃っており、情報収集するのにも非常に有益だと思います。非公開案件として扱われていることも多く、求人サイトに登録してから内容を閲覧できます。

治験に関する業務は、新薬開発プロジェクトのなかで、最も大事な部分となりますので、経験豊富で、臨床現場などをよく知る、メディカルドクターの活躍が求められているのです。

治験業務に携わる医師の年収や待遇も、客観的にみて勤務医などより高くなっていて、当直やオンコールなどもありませんので、比較的環境は恵まれており、自身のQOLを高めて、専門知識や経験を活用して働きたいという医師の先生には適した職場とも成り得ます。海外と同時進行で行うプロジェクトにかかわることができるなど、仕事内容も興味深く、勉強になる事が沢山あることでしょう。これからの将来性溢れる治験の仕事を自分のキャリアにするのも当然検討の余地があるものと考えられます。

メディカルドクター求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>メディカルドクター求人ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 メディカルドクター求人サイト特集 All Rights Reserved.