メディカルドクター求人サイト特集

メディカルドクターの求人をお探しの医師の方へ

希少なメディカルドクター(MD)の求人をお探しの医師の方へ。案件数が豊富で、無料で利用できる医師専門の求人サイト一覧をご紹介します。人気の高い製薬会社ごとの求人事情も掲載しています。

メディカルドクター求人なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★
【 医師転職ドットコムのココがすごい! 】
希少なメディカルドクター求人の殆どは非公開。登録者はいち早くMD求人情報を入手できる。
■納得の転職・満足できる採用を心がけている医師転職ドットコム。質の良い求人が揃っています。
■高いサービス満足度を誇り、メディカルドクターの転職支援も万全の体制が整っている。
■医師のQOLを一番に考え、豊富な案件のなかから厳選されたMDの仕事を紹介してくれる。
■「プレミアム非公開求人」も充実しており、登録後は諸条件で簡単に仕事を検索できる。
■医師転職のトレンド、市場の動向など、読んで得する情報がサイト上には満載です。
■応募殺到を避けるために非公開、匿名求人が多いとされるMDなら、まさに医師転職ドットコムがベストチョイス。


リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★
【 リクルートドクターズキャリアのココがすごい! 】
■臨床現場だけでなく、企業やメディカルドクターなど多岐に渡る医師の働き方をバックアップ。
■医師転職で30年の実績を誇るのリクルートドクターズキャリアで、確実で安心な転職をサポート。
■「自分らしい働き方」の為に転職する先生を、医師転職に精通した専任スタッフがお手伝い。
■好条件、高額案件が揃い、メディカルドクターなど募集が少ない案件もあります。
■圧倒的な取扱科目数と求人情報数で、細部に渡る条件設定も可能、まずはご相談ください。
■一般には公開されていない求人の提案も。登録後にキャリアアドバイザーに相談してください。
■将来のキャリアパスに合わせて、ぴったりの案件をご紹介します。優良案件は人気が集中しますので、お早めにご連絡を。


エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★
【 エムスリーキャリアのココがすごい! 】
■幅広い募集案件の中からメディカルドクターの仕事に絞って検索できます。
■サイトに掲載の仕事のなかで直接応募案件と、コンサルタント依頼案件と両方を選べる。
■臨床医師だけではなく、研究職やMDなどの仕事も増加しており、非公開案件も充実。
■内部情報など、面接や就業前に知っておきたい情報を収集でき、心構えをもって転職できる。
■転職中でお悩みの医師でも、無料で相談に乗ってもらえるので、解決の糸口を掴める。
■紹介実績が多いので、多くの医療機関やクリニック、企業からの新規案件が多く入ってくる。
■メディカルドクターへの転職を漠然と考えていて、まだ行動に移していない先生は、ますは専任カウンセラーに相談を。


MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第4位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★
【 MCドクターズネットのココがすごい! 】
■全国各地に拠点があり、都心から地方まで幅広い案件をカバーしています。
■様々な細かい要望も、キャリアコンサルタントに相談すれば最大限希望にそった案件を紹介。
■口コミ実績No.1の転職サイトで、一般的に難しいといわれるMDの転職を確実に実現
■きめ細やかなサービスとコミュニケーションで、確実な転職サポートを可能にしています。
■医師の方の満足度を大事にし、個別カウンセリングを重視、納得のいく案件に絞ってご紹介。
■病院だけでなく、研究機関や企業で働くドクターの求人案件なども幅広く網羅しています。
■医師の転職に必要な情報をすべて収集でき、メディカルドクターの転職の大きな力になります。



人気のメディカルドクターの求人は転職サイトで見つけましょう!

医師資格を持っていても、研修を終えてすでに臨床経験がある医師でも、医師の皆さんがすべて病院や医療機関で働く訳ではありません。当然のように、医師の資格を活かして企業に就職することもできるのです。

医療や薬剤の専門家として、その豊富な知識と経験を活かせるのは、臨床現場だけではないということです。一般企業、団体等で働く人の為に、その企業や組織内で診療や回診などをする医師は産業医とも言われますが、企業で働く医師のなかでも研究畑、とくに製薬会社内で働き、新薬のための臨床開発や、治験実施、解析データをまとめる仕事、新薬認可のために、厚生労働省などに申請する業務が発生します。その薬剤の承認プロセス、書類チェック、評価までを広く引き受けているのがメディカルドクターです。

日本ではあまりメディカルドクターは一般には浸透していなく、ドクターといえば、つまり臨床現場で患者を診ている内科医、または手術で腕をふるって難病に立ち向かっている外科医などをイメージしがちですが、新薬の開発や適切な薬剤普及を促進することによっても、病気や気になる症状を抑えたり、治療できるものです。

近年では、医師自身をプロジェクト責任者、マネージャーとして、新しい新薬の開発に携わる医師も増えてきました。メディカルドクターの業務は、製品や領域ごとに細分化していて、それぞれの研究、役割をもちます。治験だけではなく市販後の市場調査、学術関係のプレゼン、発表など、専門知識や経験がなければ勤まらないのがメディカルドクターです。医師の活躍のフィールドはもはや臨床現場だけではないということです。

そんなメディカルドクターの仕事、転職先探しは、転職エージェントで調べるのが便利です。常時数万件の医師求人案件をかかえる転職専門のサイトなら、あなたの希望にぴったりあった転職先を見つけてくれる筈です。

メディカルドクターになるのに必要な資格は、もちろん医師免許は必須ですが、それ以上に医学知識や臨床経験が豊富なエキスパートなら申し分ありません。医薬品の研究開発や適正使用については、治療の一環と考えられるので、できれば臨床経験が豊富な医師、また大学、大学院など研究機関で活躍していた教授レベルの人が招かれることもあります。学術、研究などに長じた、アカデミックな分野での人材の流動性も高いようです。

これからメディカルドクターの需要は日本でもどんどん高まることが予想されているので、進路で悩んでいる医学部の学生さんも、医療機関、研究機関に勤めるドクターも一考の余地はあると思います。将来性もありますし、海外に習って、メディカルドクターの社会的地位もどんどん高まりつつあります。



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015 メディカルドクター求人サイト特集 All Rights Reserved.